阿部祐也「LOGBOOK」

2007年11月5日〜2011年9月6日までの阿部祐也の航海日誌
<< セカンドシングル発売決定!! | main | no title >>
同じ空の下

仰ぎ見る 旅立つ春の高い空は 切なく青く
明日にはそれぞれのプラットホームに立っているから

初めて聞いたな 笑っちゃうくらいに下手くそな
その「ありがとう」
こらえ切れなくて にじんでいく
時は流れても

忘れない この日を その涙を
別れなんかじゃない 始まりさ
同じ空の下でまた会おう
走り出す桜並木の先に続く未来
予告通り 叶えた夢をつれて


振り返る 転げた日々は 想像以上に輝いている

どこまでも続くような気がしてた 昨日までは
「ありがとう」
声にならなくて 抱きしめた
遠く離れても

忘れない この日を その涙を
別れなんかじゃない 始まりさ
同じ空の下でまた会おう
走り出す桜並木の先に続く未来
約束通り 変わらない笑顔で


忘れない あの日を あの涙を
離れていても繋がっている
同じ空の下でまた会おう
遠ざかる桜並木の下で語った未来
予告通り 叶えた夢をつれて

変わらない笑顔で




Q、「同じ空の下」はどんな思いを込めた曲ですか??

A、高校の卒業式が終わって、仲間達と最後に校門を
  出た時のみんなの笑顔と、その時広がっていた
  雲一つない空を思って書いた曲です。
  
  卒業するとなかなか全員そろうことがないので、
  今でも俺にとってすごく大切な瞬間です。


| 阿部祐也 | 歌詞 | 13:23 | comments(3) | - | - | -
『春』
別れと新しいスタートの季節。


読んでいて、高校の卒業式を思い出し、社会に出ていく期待と不安を抱えながら友達と別れたのを思い出しました。

早く聴きたい!
ユーヤマンの声、聴きたい。

| リツコ | 2011/03/14 6:23 PM |

いい歌詞ですね。

卒業式…懐かしい響きです。
そう言えば私も同窓会とか全然行ってないからみんなで集まる事ないな。

4月10日が楽しみです。
| チロロ | 2011/03/11 2:47 PM |

3月末付けで異動になります。
今の私にぴったりなうたでした☆
ありがとうございます。
| ひとみ | 2011/03/11 2:44 PM |










  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ