阿部祐也「LOGBOOK」

2007年11月5日〜2011年9月6日までの阿部祐也の航海日誌
陽のあたる場所
またまた超えたー!!

ほんとにありがとー!


今日は、俺の今年の抱負みたいな曲でもある

「陽のあたる場所」

の歌詞です。

もどかしいこの現実に押しつぶされそうな、負けてしまいそうな自分に向けたメッセージです。

ちなみにネリネはこちら


「陽のあたる場所」

未来と言えば未知の可能性に溢れた限りないものでした
追いかける程に 真っすぐに向き合う程に 遠ざかってゆくようなあの光

届かなくても 報いはなくても 走り続けよう
そう何だって乗り越えてきた昨日までの僕が
もがき迷ってたどり着いた今日だから
悲しくなんかない 苦しくなんかない 終わりなんかない
そういつだってここがスタートライン
苔が生えそうなこの道だって きっと続いているのさ 陽のあたる場所


始まりの丘から望んだあの夢は華々しいものでした
一歩近づく度に 現実味を帯びる程に 色あせてゆくようなあの光

絶たれそうでも ちぎれそうでも 信じ続けよう
そう何だって乗り越えてゆく 
今日の様な明日を変えてみたい 本当は限りない明日へ
転んだっていい 間違えたっていい 後悔したっていい
失ってゆくばかりじゃないから
ほこりまみれのこの夢だって きっと連れてゆくから 輝ける場所


届かなくても 報いはなくても 走り続けよう
そう何だって乗り越えてゆく
昨日までの僕がもがき迷ってたどり着いた今日だから
悲しくなんかない 苦しくなんかない 終わりなんかない
そういつだってここがスタートライン
苔が生えそうなこの道だって きっと続いているのさ
きっとたどり着けるから 陽のあたる場所
| 阿部祐也 | 歌詞 | 23:58 | comments(28) | - | - | -
同じ空の下
こんばんはー。

コメントが30を超えていてびっくりしたー!

ありがとー!!

20超えたら毎日更新しますー。

超えなかったら…、普通に、こう、いい感じで更新しますー。

でけたばかりの歌です。
卒業式が終わって、門を出る時のことを思い出しながら書きました。


「同じ空の下」

仰ぎ見る 旅立つ春の高い空は 切なく青く
明日にはそれぞれのプラットホームに立っているから

初めて聞いたよ 笑っちゃうくらいに下手くそな
その「ありがとう」
こらえ切れなくて にじんでいく
時は流れても

忘れない この日を その涙を
別れなんかじゃない 始まりさ
同じ空の下でまた会おう
走り出す桜並木の先に続く未来
予告通り 叶えた夢をつれて


振り返る 転げた日々は 想像以上に輝いている

どこまでも続くような気がしてた 昨日までは
「ありがとう」
声にならなくて 抱きしめた
遠く離れても

忘れない この日を その涙を
別れなんかじゃない 始まりさ
同じ空の下でまた会おう
走り出す桜並木の先に続く未来
約束通り 変わらない笑顔で


忘れない あの日を あの涙を
離れていても繋がっている
同じ空の下でまた会おう
遠ざかる桜並木の下で語った未来
予告通り 叶えた夢をつれて

変わらない笑顔で
| 阿部祐也 | 歌詞 | 21:48 | comments(28) | - | - | -
あわてんぼう


おはようございますー。
メール、コメントありがとうございますー!

写真はあわてんぼうの桜です。

造花だけども。



これも一足、いや、二足早く咲いた春の歌です。

字がひどいのは気にしないで下さい。

左手で書きました。


嘘です。

小6から上達していません。


今日は柏パルーザで歌います!

パルーザ店長の楠美さんの猫、ジンベイもいるということで楽しみです!

おやすみなさい。
| 阿部祐也 | 歌詞 | 05:39 | comments(11) | - | - | -
27
2009年6月24日

わたくしめ、27歳の誕生日を迎えましたー!

お祝いのメール、コメントありがとうございます!

27歳のこの年は、三段跳びでいうならば、できるだけいい「ステップ」が できるように頑張ります。

いつもライブに来てくれる皆さん、いつもブログ見てくれてる皆さん、ほんとにありがとうございます!

ほんとは全員、家に呼んで、お気に入りのパジャマで桃鉄大会したいのですが、そういうわけにもいかないので、感謝の気持ちは歌に込めようと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします!!



「消えない光」

ため息で曇っていく未来
おとぎ話になりかけた夢

セキュリティーレベルは上がって
子犬にさえ心開かない

「スロースターターなんだ」って
物語はもう第3コーナーへと

いつの間にか もうこのまま終わりを迎えそうな
厄介なイメージがこの胸をハイハイしてた
目指してきた 見せたかった 姿ではなくても
君の胸にだけは 消えない光を残したくて…


核心を突く君の言葉で
土俵際 のこったのこった

見届けてほしいんだって
惚れ直してしまう様な最終コーナーを

届きそうで遠い夢と現実の狭間で
譲れない思いは重石になってくけど
「そんなもんさ」「それだけじゃない」って流されてしまえば
一等賞になったって空しさは振り切れないだろう


いつの間にか もうこのまま終わりを迎えそうな
けったいなイメージがこの胸を徘徊してた
目指してきた 見せたかった 姿を超えてみたい
君の胸にだけは 消えない光を残す

届きそうで遠い夢と現実の狭間で
揺るがない思いが僕を突き動かしている
過ぎた日々も 描く夢も 信じ続けてゆこう
確かな思いが 不確かな明日を染めてゆく…

確かな思いが 不確かな明日を染めてゆく

君の胸にだけは 消えない光を残したくて

消えない光を残したくて

消えない光を…


| 阿部祐也 | 歌詞 | 20:36 | comments(28) | - | - | -
ネリネ

どんな英雄にも どんな伝説にも 
不安混じりの第一歩があっただろう

さぁさぁ踏み出そう せいので踏み出そう
誰のためでもない歴史的第一歩を

悲しい時には昨日までのふざけた日々を思い出してニヤリ

ここから始まるそれぞれのストーリー
負けないでよ 弱い自分にだけは
「さよなら」じゃなくて 「元気でね」じゃなくて
いつも通り「じゃあまた」でいい
旅立つこの場所にこの種まいていこう 花言葉は「また会う日まで」


本当に悲しいのは 星になる日じゃない
取り巻く人達の心から消え去る日だ

楽しい時ほど「あいつもいればな…」って言ってるよ
僕らの口癖さ

いつかまた会える きっとまた会える
この世界じゃなかったとしても
語り合った丘も 丸見えの秘密基地も
あの日のままこの胸にはある
変わらないこの波にこの種まいていこう 花言葉は「君を忘れない」


どんな時でも 目を閉じれば癖のある声が背中押してくれる

ここから始まるそれぞれのストーリー
負けないでよ 弱い自分にだけは
「さよなら」じゃなくて 「元気でね」じゃなくて
いつも通り「じゃあまた」でいい
旅立つこの場所にこの種まいていこう 花言葉は「また会う日まで」

さよならじゃない また会う日まで…





KJ山原さんの愛犬ムッシュに、この花を贈ります。
| 阿部祐也 | 歌詞 | 02:00 | - | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ